目の疲れはアントシアニンが取り除いてくれる

  1. ホーム
  2. 目のために摂取する

目のために摂取する

栄養補助食品

配合量で選ぶ

ブルーベリーは目の健康のために役立つとされて、多くの人が摂取しています。出来れば生の状態で摂取するのが好ましいのですが、量的に考えてもあまり多くなり、食べることが難しいです。そのため、サプリを取り入れることで補うことができます。サプリによって異なりますが、一粒から二粒で手軽に摂取できるというメリットもあります。そこでサプリを選ぶポイントになるのが、配合量です。ブルーベリーにはアントシアニンとルテインが含まれていますが、製品によっては配合量が異なります。なので、できるだけ多く配合されているもので、アントシアニンやルテインがどのくらい配合されているのかをチェックします。製品によりますが、ルテインが6ミリ以上配合されているものは、高濃度であり目の健康のためになります。また、成分によって効果が異なり、アントシアニンには非常に強い抗酸化作用があるとされていて、その効果によって細胞の酸化を抑えることができます。それによって、目の疲れを緩和させてくれます。特に、パソコンを毎日使う人などは重要な成分となっています。そしてルテインもアントシアンにと同じように抗酸化作用がありますが、紫外線やブルーライトの刺激から守ってくれます。こちらは、野外に出ることが多い人に必要な成分です。ちなみに、サプリでも、吸収率が高くなければ意味がありませんので、溶けやすいカプセルにも注目します。ソフトカプセルタイプや粒状タイプがありますが、溶けやすさで選びます。中でも、ブルーベリーだけでなく、カシスエキスやDHAなどが配合されているサプリを選ぶと、ブルーベリーだけよりも効果を実感しやすいです。