一戸建ての二世帯住宅のメリットとは何かを詳しく解説

家を持つならやはり一戸建て

マイホームを持つとなると、やはり一戸建てを思い浮かべるという人は多いのではないでしょうか。例えば結婚したばかりで現在は必要ないが、将来的に子供が欲しいという場合は部屋の数を多く見積もったり、自分の部屋だけではなくキッチンやリビングをこだわりの空間にしたりと、思い描く新生活を送るためには、賃貸では不十分と感じる人も少なからずいるでしょう。では、一戸建てと賃貸物件にはどれだけの違いがあるのでしょうか。次の項目で比較してみましょう。

一戸建てと賃貸物件の比較

一戸建て

一戸建ての大きなメリットは、自由度とプライバシー面です。賃貸の場合は家賃だけではなく、管理費や駐車場代などの諸費用が継続的にかかります。ですが、一戸建ては税金などはあるとはいえ、賃貸に比べて細かい費用がひかれるということはありません。また、すぐ隣の部屋が他人ということもないので、充分にプライバシーが確保されているという点が安心です。ただ、デメリットとして、同じ立地条件でもマンションなどの賃貸物件と比較すると物件価格が高いという点もあります。賃貸と違って修繕も自分で費用を積み立てなければいけず、防犯や管理も自身で行う必要があります。

賃貸物件

マンションなどの賃貸物件の魅力は、建物の管理や防犯といった管理・運用面を自身で行わなくてはいいという気軽さです。建物に急なトラブルがあっても積み立てられた修繕費から使用されるため、いきなりの出費になるということはありません。デメリットとしては、継続的な諸費用がかかるということと、プライバシー面で問題があるということです。一戸建てでは気にする必要のない、隣の部屋の住人とのトラブルなどが起こる可能性もあります。

ライフワークに合わせて考えよう

一戸建てと賃貸、どちらにもメリット・デメリットは存在します。自分のライフワークに合わせて、どういった家にしたいか。将来的にどうしたいかまでしっかりと考えてから決めるようにすると、後々後悔する可能性を減らすことができるでしょう。特に一戸建ては大きな買い物ですので、充分に検討してから決めるようにしましょう。また、大阪狭山市や川西で一戸建て物件を購入する際は不動産会社選びも重要になってくるので注意が必要です。

住宅の種類

  • 一戸建て
  • 二世帯住宅
  • 賃貸物件
  • 分譲住宅
  • 中古住宅

マイホームを持つなら一戸建ての二世帯住宅

設計図

親と一緒に過ごすなら

所帯を持って夫婦生活をしていても、年老いた親御さんが心配という人は一緒に住みたいと考えることもありますよね。そうした時には、思い切って二世帯住宅を建てることを考えてみましょう。親御さんとしても、孫の顔が毎日見られるというのはうれしいことでしょう。

二世帯住宅にも種類がある

二世帯住宅と一言でいっても、二世帯住宅には大きく分けて、同居型・共用型・完全分離型の3つがあります。同居型は、文字通り2つの世帯が寝室以外を共用するもので、トイレやお風呂なども一緒です。共用型はトイレやお風呂といった共用スペースだけが一緒で、完全分離型よりも間取りを広くとることができます。完全分離型は共用スペースもなく、1階や2階、または建物自体を左右に分けたような住宅のことです。お互いの世帯のプライバシーは尊重されますが、そのぶん広さや費用が必要となります。大阪狭山市でマイホームを購入するときの参考にしてみましょう。

二世帯住宅共通のメリット・デメリット

日常生活における家事をサポートしあえるのはもちろんですが、電気代や光熱費などの生活費の節約にもなります。子供と親の接する機会も増え、育児面に関しても手伝ってくれる機会が増えるというのも、なにかと助けになるものです。特に夫婦ともに働いているという場合は、育児を任せることができる二世帯住宅は大きなメリットがあるといえるでしょう。デメリットとしては、双方の家庭の生活リズムが違いすぎる場合、どちらにもストレスになる可能性があります。また、同居型や共用型ではプライバシーの問題が出てくることもあるので、その点を充分配慮してから二世帯住宅にするかどうかを決めるといいでしょう。

[PR]
福岡で人気な注文住宅メーカー
土地選びから対応してくれる!

二世帯住宅を決めた理由ランキング

no.1

家族の体調が心配

二世帯住宅の一番の決め手となるのは、やはり親の体調面のようです。将来的に、いざ何かあったときに駆け付けやすいように二世帯住宅にする家庭が多くあります。また、共働きの場合は息子の体調不良などに親が対応してくれるということから、子供の安全のために二世帯住宅にしているという家庭もあります。

no.2

結婚相手を気遣って

二世帯住宅でわりと多いパターンが、結婚相手の親と二世帯住宅を築くというパターンです。特に男性の場合は、結婚相手が妊娠した際に仕事などで突然のトラブルの対応が遅れてしまうことがあります。そうした時、肉親が近くにいるととても安心できますよね。このような、妻の妊娠を見越して二世帯住宅にするという家庭も少なくはありません。

no.3

イベントのたびに実家に帰るのが大変

お盆や正月などで、川西の実家に帰る必要があるという理由から、実家をリフォームして二世帯住宅にしたという例も、実は少なくありません。将来的な両親の介護なども考えると、ある種ベストな選択ともいえるでしょう。実家に帰るための旅費などもかからないので、経済的ともいえます。

福岡で好評な工務店を大公開☆

広告募集中